Thursday, February 11, 2016

Wonderful Japanese


Japanese Traditional Sweets in Kyoto 京都の和菓子

タイトルの意味は「素晴らしい日本語」。素晴らしい日本人、と言う意味に取って貰っても差し支えないが、こちらの意図は日本語、つまり国語の素晴らしさを説明したい、というところにある。

日本語の素晴らしさを痛感したのは、やはり今の仕事を始めてから。

日本語ならA4一ページで済む内容が、英語にすると一ページ半になってしまう事に気付いたのが最初。まぁ、当たり前と言えば当たり前で、日本語には漢字と呼ばれるスーパーツールがあるから、文章がどうしても効率的になる。方や英語は僅か26文字のアルファベットで表現しないといけないから、どうしても冗長になる。というか、日本語話者にとっては、僅か26文字で言葉が成立してしまうことの方が奇跡的に感じてしまうのだが、世界の大半は少数の文字で言語を構成していて、日本語のように何千種類(何万種類?)もの文字を使える言葉の方が少数派だろう。

日本語の文字数の多さと、日本語における漢字が表意文字であることが可能にしている日本語の奇跡的な効率性がある。そう、日本語は極めて効率的な言語だ。
日本語の文書は読む必要が無い。そう、読まなくてもいい。一瞥すれば、大体意味がとれる。なぜかというと、漢字が表意文字なので、漢字を眺める、あるいは見るだけで、文章の意味が汲み取れてしまうのである。これはとんでもない効率だ。
英語話者でも同じようなことはたぶん可能なんだろうけど、使える文字数の多さが「見るだけで意味をくみ取れる」日本語の効率性をはるかに高くしている。

そう、日本語は素晴らしい言語なのだ。

日本語の素晴らしさを肌で感じたい人は、twitter を英語でつぶやいてみたらいい。
日本語でつぶやく時に比べて、英語でつぶやく時の方が圧倒的に一回のtweetで発信できる情報量が少ないことに気付くだろう。
日本語なら、それこそ英語の3~4倍の情報量を140字で発信することができる。逆に言うと、日本語における1tweetの情報量を発信するのに際し、英語では3~4tweetを必要とするわけだ。
日本語の効率性を理解してもらえただろうか。

加えて、日本語は高等な学問をすべて網羅することができる、数少ない言語のひとつである。

日本人の英語アレルギーはちょっとひどくて、英語が喋れることが素晴らしいというような変な風潮があることは理解しているが、だからと言って大学や大学院の授業を英語でするなんて、馬鹿な事をしてはいけない。日本の大学は日本人のためのものだから、基本は日本語で授業をするべきであって、日本に留学したいなら留学する方が日本語を学べばいい。なにも日本が合わせることなんてない。
確かに、英語で論文を書いたり発表したりする必要性は認める。だが、授業を英語にするのと、論文を英語で書けるようになるのとは話が違う。論文を英語で発表するとか、学会で英語で発表することを強化したいなら、そのための特別英語コースを大学や大学院で設ければいいのであって、講義を英語ですれば良いというのは短絡的かつ馬鹿げた発想と言わなければならない。なぜかと言うと、日本人が英語で授業をしたら、する方もうまく表現出来ないし、受ける方も完璧には理解できないからだ。馬鹿げた西洋人ごっこをしているようなものだ。そんなことをせずに、すんなり表現で来て、すんなり理解できる日本語で講義をすればいいのだ。お互いに時間を節約できて、それだけ研究に振り向ける時間ができる。

日本語の素晴らしい点の、もっとも大きなところは、高等な学問を日本語で学べ、論じられるところだ。
こんなに素晴らしい日本語という言語を貰ったことに、日本人は神様に感謝するべきだと、僕は本気で思っている。

日本語を使うよりも英語を使う事が高等であり、国際的だと思う人に聞いてみたい。
フィリピンは、高度な科学技術を持った先進国だろうか?
スリランカは、複雑な工業体系をもった高度に産業が発達した国だろうか?
アルジェリアは、自国内に高度に産業が発達し、付加価値のある工業製品を自前で設計・生産できる国だろうか?

答えはここに書くまでもないだろう。
しかし上にあげた3カ国の共通点は、大学の授業が英語・あるいは仏語で行われている、という点にある。フィリピンに至っては、数学などの理系科目に関しては中学から英語を使って授業を行っている。
だから、これらの国の高学歴の人たちは、英語や仏語が達者である。(でも、彼らがすごく英語や仏語が出来るとは、僕は思わないけどね)
なぜ、彼らは英語や仏語で授業をしたり、授業を受けたりする必要があるのだろう?
それは、彼らの母語が科学を記述し、議論するのに向かないからだ。
つまり、彼らは本当は、タガログ語や、シンハラ語や、アラブ語で数学や科学を学んだり、論じたりしたいのに、彼らの母語がそれに向かないから、やむを得ず英語や仏語を使っているに過ぎない。

たしかに、彼らは英語やフランス語が達者だ。だが、高等な科学を学べる人間が、国民の大部分を占めることができないことに、彼らの国の不幸がある。
それはそうだ。外国語を使ってでないと、高等数学や科学を学べないのだから、国民の大部分は高等な数学・科学と縁がないことになる。そのような国民のポテンシャルの国で、高度な産業が発達し花開くだろうか?それは無理な相談だ。

フィリピン、バングラデシュ、スリランカ、そしてアルジェリアの特徴は、英語や仏語ができて、学歴があって高度な技術力を身に付けた人たちが、国を出て行ってしまって海外で稼いでしまう、という点にある。つまり、他の豊かな国に優秀な人材を供給する国になってしまって、国内に優秀な人材が残らない国になってしまう、と言う事だ。
国外に出稼ぎに出た人たちは外貨を稼いでくるだろうが、国内に優秀な人材が残っていない国が、発展することができるだろうか?

彼らの悩みは、まさにその点にある。英語や仏語は出来るけど、国は発展しない。それが彼らの悩んでいるところだ。

片や、母国語で高等な数学・科学を学べる日本人の平均的な技術レベルは、世界と比べるとものすごく高い。
日本人は確かに、傑出した天才を輩出しないかもしれないが、平凡な日本人をピックアップして他国の平凡な国民と比較すると、ほぼ間違いなく、日本人の平均レベルが持つ優秀さ・技術力は他の国の平均をはるかに凌ぐに違いない。日本人と互角に戦えるのはドイツぐらいではないだろうか?つまり、日本人においては、言葉は悪いが「烏合の衆」レベルの人たちが、とんでもなくブリリアントでレベルが高いのだ。これはすべて、難しい科学を自在に学ぶことができる日本語のおかげであり、日本語をそのような言語にしてくれた先人たち、特に幕末から明治期の先人たちの偉業によるものだ。

そんなに素晴らしい日本語を持っているのに、なぜ大学や大学院の講義で英語を使おうとするのだろう?アホとしか言いようがない。

多国籍企業においては、確かに英語がコミュニケーションの大事なツールとなりうる。だが、多国籍企業においても、日本人同士は日本語を使ってコミュニケーションする方がはるかに効率的だ。日本資本の会社で、従業員の多くを日本人が占める会社なら、なおのこと日本語のコミュニケーションを大切にするべきだ。英語と並立してもいいが、英語が日本語に優先するようでは、会社の効率性をむざむざ犠牲にしているだけだと、僕は思うよ。

日本の主要産業を「出稼ぎ労働者」にしたいなら、英語化を進めるべきだろう。
だが、高度に発達した工業国、先進国の地位を維持したいなら、日本語をもっと大事にするべきだろう。
日本を高度に発展させるのは、一部の英語が喋れるエリートの仕事では無くて、国民全体の仕事だからだ。

Shiro Kirishima 白霧島

年末に飲んだ白霧島のラベル。
日本語だと「白」の一文字で済むのに、英語だとwhiteで5文字も必要になる。
「本格芋焼酎」は "Genuine distilled spirits made from potato"だろうか?なんにせよ、冗長なことだ。


もちろん、僕は英語を否定するつもりはない。
英語は世界と対等に渡り合ってゆくための必須ツールだ。
だが、だからと言って、国民の教育に占める大事な役割を、素晴らしい効率性を備えた日本語から、非効率な英語に移すことには、僕はすさまじい抵抗を感じるし、そんなことを実行に移した人たちの思慮の浅さを嘆いてしまう。


日本人が再評価しないといけないのは、僕たちのすばらしい歴史、つまり黄色人種として白人の帝国を初めて倒し、アジアの植民地を白人の手から解放した誇るべき歴史だけではない。
日本語の素晴らしさと効率性を僕たちは再評価するべきだし、日本語を素晴らしいものにしてくれた先人たちと、日本語を与えてくれた神様に、僕たちは感謝するべきだ。
僕は確信的にそう思うよ。

今回の写真も EM-5 + ZD 50mm Macro の仕業。日本のお正月に撮ったものだよ。


Monday, February 8, 2016

Protest against Lies in History Textbook in CA, US


Narcissuses スイセン

余命三年時事日記の「443 クミトービン殿へのメッセージ⑤」を読んで、カリフォルニア州の高校教科書に慰安婦の嘘が記述され、カリフォルニアの若者たちがシナコリの洗脳にあいそうだ、と言う事で、僕もカリフォルニア州教育委員会に以下のメールを送った。

メールの文面は、上記の投稿に引用されていたクミトービン氏のアイデアを再編集して、ちょっとだけ文章を付けくわえたもの。

以下の内容で、カリフォルニア州教育委員会に送ったよ。

カリフォルニア州教育委員会メールアドレス
HSSframeworkアットマークcde.ca.gov

↓↓↓ここからメール↓↓↓

Dear the director of California Department of Education (CDE),

Concerning the rows from 913th to 919th in page 469 of Chapter 15, Grade Ten – World History, Culture, and Geography: The Modern World,

“Comfort Women, “a euphemism for sexual slaves, were taken by the Japanese Army in occupied territories before and during the war. “Comfort Women” can be taught as an example of institutionalized sexual slavery, and one of the largest cased of human trafficking in the twentieth century; estimates on the total number of comfort women vary, but most argue that hundreds of thousands of women were forced into these situations during Japanese occupation.

I would say a school textbook is not propaganda advertisement for foreign countries. Comfort women stories are exactly propaganda by South Korea and China. Their aims are to stigmatize Japan and weaken the coalition between United States and Japan.

There are growing, unsubstantiated questions about whether the Japanese Imperial Army kidnapped 200,000 sex-slaves (Comfort Women) in World War II. Mostly from Korea. But the comfort women stories in which Koreans are claiming about the Japanese wrong doing is exactly what Korean did during Vietnam war.

Japanese government in their upper house budget committee answered that “there was no forcible abduction found.”
No forcible recruitment was done by Japanese government or Military. But some of the Korean private broker deceived women according to the many news articles at that time.

The fabricated history is spreading, we cannot miss damaged our ancestors’ honor, and we want you to know the fact what the real history is.
A $30 million US Government Study specifically searched for evidence on Comfort Women allegations.
Please read the IWG report that practically nobody seems to know exists. If you do not have time for the whole report, do a search inside the report for Comfort Women, and carefully read those parts:
http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdfhttp://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf

What kind of fool General would dedicate the resources to kidnap, guard, transport, and feed 200,000 women, knowing that he is creating yet another war to fight? And were Korean men at that time just sitting on the ground while their women were being kidnapped by Japanese Army? Please remember Korea was part of the Imperial Japan and many soldiers from Korea were in the Imperial Japanese Army. Did they kidnap their women? Or didn't they fight against Japanese Army while seeing their women being kidnapped?
The fact is, there were no kidnap and forcible recruitment by then Japanese Army.

Sincerely,

↑↑↑ここまで↑↑↑

上の文章は余命ブログの掲載分を再編集したものなので、使ってもらっても全然OK。
でも、最後に自分の名前を追記するのをお忘れなく。
それと、宛先がdirectorでいいのかどうかも不明。自分のメール履歴を読んだら、"To whom it may concern" になってたよ。


Sunday, February 7, 2016

Refugee or Immigrant


Camellia 椿

一時、流行ったシリア難民の話は、もう片付いたのだろうか?

僕は、あの「シリア難民」を難民とはみなしていない。彼らは間違いなく経済移民だ。
なので、難民保護を理由として彼らを日本に受け入れる、なんてのはとんでもない間違いだ。

まず、彼らが難民であるならば、なぜ近隣諸国がキャンプを設立して、そこで保護しないのだろうか?
彼らを難民にさせている理由が消失したら、彼らは国に帰ればいいのだから、近くの国のキャンプに収容するのが最適解のはずだ。
だが彼らはなぜか、遠くて帰国しづらいヨーロッパを目指す。なぜかというと、難民ではないからだ。

彼らが難民であるならば、同じ民族・宗教をもつアラブ・イスラム諸国が難民を受け入れるべきだが、そういう話はあまり聞こえてこない。
彼らは難民ではなく、豊かさを求めて国を捨てた経済移民だから、豊かさを享受することを期待できないアラブ・イスラム諸国には足が向かない。

なので、シリア難民ではなく、シリア経済移民と呼ぶべきで、経済移民として対応するべき、というのが僕の意見。

それに加えて、日本はいかなる形であれムスリムの定住を受け入れるべきではないと、僕は強く思う。

ムスリムと日本人(日本文化)は相いれない。ムスリム・カントリーに住んで彼らの文化を見た経験に基づいて、僕は強烈にそう思う。

彼らは個を主張する文化で、和を持って尊しとする日本の文化とは正反対であり、穏やかで平和的な共存に価値を置く仏教的な文化とも全く違う。

彼らは基本、自分たちの権利を主張することにのみ専心し、他人の利益を尊重するという心を持たない。なので、街中にいくつもあるモスクから、毎日5回も大音響で礼拝を告げるのだ。他人の迷惑など顧みない、自分がそうしたいからそうする。遠慮と言う言葉は彼らの辞書にはない。
彼らはこれを、ムスリム・カントリー以外でも平気で行っている。ムスリム人口が全体の10~15%を占めるスリランカでも、モスクから礼拝を告げる大音響のアナウンスに煩わされることしきりである。スリランカは世界最古の仏教国である。にもかかわらず、ムスリムはお構いなしだ。彼らは既得権益を声高に主張する。モスクから大音量で礼拝を告げるのは、ムスリムの権利だと言わばかりに。その対抗かどうか知らないが仏教徒も、朝の5時半からお経を大音量で流す。迷惑なのは普通の人たちだ。

日本でこそムスリムは大人しくしているが、彼らの数が増えたらどうなるだろう?
早朝に、モスクから大音量で流れる礼拝を告げるアナウンスに、眠りを邪魔されることになるだろうし、街中に上から下まで黒づくめの不気味な女性が闊歩するようになるだろうし、レストランでは豚肉を使った料理が出せなくなるだろうし、ラーメン屋は廃業必至だろう。豚骨を茹でたスープから立ち上る湯気で、自分の吸った空気が汚れて不浄になったから、謝罪して賠償しろと、彼らは言うだろう。彼らはマイノリティーであっても自分たちの権利を声高に主張するし、政治家に取り入ってムスリムだけに特別の権利を認めさせるようなことを平気で行う。恥とか卑怯とかいう概念は彼らには無い。
彼らは、彼らだけのムスリム・タウンを作ってしまうと、土地の人たちはそこでは商売ができなくなる。モスクを中心として、山羊ひげを生やした男性が闊歩し、黒服頭巾の女性が垣間見えるという地区が、日本の街中に出てきてしまう、と言う事だ。

そうなってしまう日本を、皆さんは受け入れられるだろうか?

ムスリムは日本の伝統や文化を尊重しない。彼らにとってはイスラム教が至上であり、イスラム文化が尊重するべきことであり、他の文化はイスラム文化に置き換えられるべきものだからだ。

ムスリムを受け入れると言うのは、コリア・チャイナに次ぐ第三の在日を受け入れる、と言う事だ。
実際、ムスリム(特にアラブ)とチャイナ・コリアには驚くほど共通点がある。約束を守らない。自分のことしか考えない。卑怯なことを平気でする。嘘つき。自己の主張のみ声高で唱え、他者と協調しない。自分が利益を得るためなら、他人をだましたり傷つけたりしても良い。騙される方が悪い。賄賂まみれ、などなど。チャイナとビジネスしたくない人は沢山いるだろうが、ムスリム(特にアラブ)とビジネスしたくない人も、ものすごくたくさんいると思うよ。

なので、ムスリムを受け入れるってことは、厄介事を国内に持ち込んで培養するのに等しい。
厄介事を国内に持ち込んで培養したのが、今のヨーロッパ諸国。特にフランス・ベルギーではテロの多発という事で被害が顕在化している。

日本であのようなテロが起きて欲しい人はいるだろうか?
テロリストにおびえながら日本で暮らすのが嫌なら、ムスリム移民の受け入れには断固反対した方がいい。

そもそも、外国人に定住許可を与えることからして、日本は間違っていると思う。
外国人は居住ビザの申請・交付を受けて、それを更新しながら居住するのが普通で、永住許可なんてむやみに与えるものではない。

国民と外国人の境目は、日本人が一般にイメージしているものよりも、はるかに厳然としているのが世界標準。外国では、外国人は簡単に土地を買えないし、会社設立にも困難が伴う。税金もがっつり持っていかれる。外国人に対する優遇措置なんてものは無いのが普通で、逆に色んな権利が制限されるのが一般的。
外国人に生活保護を与えたり、年金の掛け金を払っていないのに年金を払うなんてことは、ほぼありえない話。困った外国人は母国に帰りなさい、が世界的には普通だし、そもそも外国人がその国で働こうと思ったら、特別な許可がいるのが普通。仮に配偶者がその国の人であっても、外国で働くのにはさらに特別や許可が必要で、そういう許可はたいてい取得するのがものすごく大変。

日本は外国人に甘すぎる。

ある程度の長期間、外国に居住したり、外国で働いたりした経験から、僕は外国人の定住には反対。

既に与えた定住許可(永住許可かな?)はすべて白紙に戻すべきだと思う。
日本に定住する必要のある人は、帰化すればいいはずだ。定住する必要のない人は、ある程度の期間の居住ビザを与えればいい。日本に定住する必要のある外国人なんて、そんなにいないはずだ。
外国人労働者を受け入れるなら、移民ではなくあくまで期間限定の出稼ぎとし、定住させないべきだ。定住されると、ただでさえ厄介な高齢化問題がさらに厄介になる。出稼ぎを受け入れるなら、受け入れは女性や夫婦に限るべきだ。フランスはアルジェリア人女性の渡航を受け入れているが、アルジェリア人男性はフランスには渡航できない。就業を許可されたアルジェリア人女性の夫で無いと、フランスには渡航できない。理由は推して知るべし。

もし外国人が帰化を希望するなら、日本に帰化する以上、もとの国にではなく日本に忠誠を誓い、日本文化に溶け込むことを誓約するべきだと思うし、帰化条件は厳格化し厳しく適用されるべきだ。

日本にいながら、日本に溶け込もうとせず元の祖国への忠誠を保ち日本に害をなすような連中に、定住許可を与える必要はない。日本に帰化した人にしても、日本ではなく元の祖国の利益のために働くなら、帰化を取り消すべきだ。

昨今の日本は国際化が進んだと喜んでいる人がいるかもしれないが、今の状態では侵略・浸食されているにすぎない。

ムスリム移民の受け入れは、今の状況を悪化させるのみなので、受け入れるべきではない。
シリア難民(ムスリム移民)の子供を日本で教育しては?などと能天気な事を、国会で安部さんに提案していた公明党の議員がいたが、そんなことが日本人に受け入れられないのは、これまでに書いた事で判ってもらえると思う。子供を連れてきたら親も当然ついてきて、居着かれてしまうよね。ひょっとして、公明党はイスラム移民に居着いて欲しいのかな?僕とは考え方が合わないみたいです。


今回の写真は EM-5 + ZD 50mm Macro の仕業で日本で撮ったもの。中古で手に入れた ZD 50mm Macro、神レンズと言われるだけのことはあります。

Thursday, January 28, 2016

Hideki Tojo 東条英機


At a Shinto Shrine 神社にて

東条英機と言うと、どんなイメージを思い浮かべるだろう?

独裁者、極悪人、軍国主義者、ファシスト、A級戦犯?

一般的な日本人のイメージは、おおむねこんな感じだろう。僕もついこの前までそう考えていた。
しかし、これらはすべて間違っている。
(A級戦犯は、東京裁判でそう決められたけど、サンフランシスコ講和条約後、戦勝国の同意のもと日本政府の手によって名誉が回復されているので、間違っているとした。だから靖国神社に合祀されても、全く問題ないってことだね)

なぜ、そんなことが言えるかって?
それはこの本を読んだから。



東京裁判の時の、東条英機の宣誓供述書。宣誓して供述したってことは、誓って事実を述べているってことで嘘は無い。ちなみにこの本、GHQの発禁図書第一号。
よっぽど、戦勝国側にとって都合の悪いことが書いてあったんだろうね。



こちらは、渡部昇一氏による解説付き。東条さんの供述書の部分はおんなじ。当時の背景に詳しくない人にはこちらがお勧め。


この本には大東亜戦争(太平洋戦争)に突入する前の約1年ほどの日本政府の動きが、当時の大日本帝国の政府中枢にあり、開戦時の首相であった東条さんの手で記されている。第一級の歴史資料であり、一次資料。
で、この本を読んで、東条さんが独裁者ではありえなく、軍官僚であったかもしれないが、軍国主義者では決してなく、天皇陛下に忠義を尽くした日本の侍そのものの人であり、ファシストとか極悪人って、一体誰?という事が良く判った。
東条さん、くそまじめです。こんな人が会社にいたらちょっと面倒くさいと思わせるぐらいくそまじめで、天皇陛下に思いっきり忠誠を誓っています。天皇陛下に忠誠をささげる独裁者って、矛盾しまくりですよね。それに、前任者の皆さまの失敗・失政・失言(近衛さんの「蒋介石を相手にせず」など)のしりぬぐいと後始末をして、どっちを引いてもどつぼの選択肢しかないような段になってから政権を任されて、それに対して愚痴の一つもこぼさないなんて、まさに、日本の会社員の鏡ですよ、東条さんは。


さらに、この本を読んで僕が理解したことは、大東亜戦争(太平洋戦争)が自衛戦争だったという事。

戦争前に日本が如何に米英蘭に締めあげられていたか(石油禁輸、資産凍結、クズ鉄禁輸などなど)が良く判ったし、宣戦布告にも等しい事をさんざん米英蘭にやられていた上に、日本は誠心誠意を尽くして交渉に臨もうとしていたのに、アメリカは譲歩の欠片もなく、全く交渉する気すらなかったという事も判ったし、そもそも、エネルギー断たれたら近代国家として成り立たないんだから、日本は自衛のために戦争という最後の手段に訴えるしかなかった、という事が良く判った。

それに、日本が米英蘭を追い出したことで、アジア諸国が植民地支配から脱却し、独立へと動き始めた事も記述してある。
今の日本がやっていること、つまり東南アジア・南アジア諸国の支援を、当時の大日本帝国もやっていたという事だ。(台湾を除く東アジア諸国は、あほほど支援しても礼の一つもないから、もう関わらないで良いと思うよ)


歴史は繋がっているし、日本人も繋がっている。
戦前、戦中の日本人は僕たちと同じ日本人であって、極悪非道の軍国主義者では決して無くて、やむにやまれず、自分たちの家族と国を守るために、無謀と知りつつもアメリカと戦って負けてしまったという事。

僕たちは、家族と国のために戦った戦前戦中の日本人を、自分たちの父祖として尊敬を持って正当に評価するべきだと思う。今の僕たちが平和と繁栄を謳歌できるのも、命をなげうって戦った僕たちの父祖があってのこと。悪しざまに言ったり、悪者と考えて罪を押しつけるなんて、とんでもないことと思う。
でも自虐史観の歴史教育って、僕たちの父祖、つまりおじいさんやおばあさん、曾祖父や曾祖母、そしてその前の人たちを、極悪人の犯罪者として教育しているっていうことで、その「とんでもないこと」を、これまで国が率先してやってきたっていう事で、これって、純粋の日本人的にはかなり絶望だよね。この事態は絶対に糺されないといけないと思うよ。

日本が世界から真に尊敬される国と国民になりたいのなら、自分たちの父祖を正当に評価し、尊敬することが大切だと思うよ。
なぜかというと、それがワールド・スタンダードだから。
自虐史観なんて、世界の標準からするとありえないし、ちゃんちゃらおかしいよ。


Sunday, January 24, 2016

Fabricated or Distorted


Flowers in Kandy, Sri Lanka

「正しい歴史認識を」、と中韓は事あるごとに言うが、僕もまったく同感だ。
日本および日本人は、正しい歴史認識を持たないといけない。

正しい歴史認識とは、少なくとも以下を含むが、これだけじゃない。

  1. 従軍慰安婦問題は、戦後作られた問題。
  2. 中国人、韓国人の強制連行・強制労働も、戦後作られた問題。
  3. 大東亜戦争(太平洋戦争)は、自衛戦争。
  4. 韓国併合後は、植民地支配ではなく併合。
  5. 韓国併合後、韓国はすさまじく発展した。日本がひどい支配をしたというのは大ウソ。
  6. 南京虐殺は、蒋介石政府とアメリカによって作られた戦時プロパガンダがもとで、日本軍による民間人に対する虐殺・暴行などはほぼ無かった。
  7. 南京虐殺の代わりに、日本人が中国人に大陸風に無残に暴行・強姦されて虐殺された通州事件がある。

実は僕も、つい最近まで、上記の1を除く事実を、明確には認識していなかった。1に関しては、池田信夫ブログで知っていたが、その他を認識したのはスリランカ滞在中。

きっかけは、インターナショナル・スクールに通っていた子供が、コリアの生徒に嫌がらせを受けたため。
子供を持つ親を怒らすと、怖いよ。
嫌がらせがエスカレートした際に備え、インターナショナル・スクール側にコリアの生徒が間違った認識で嫌がらせをしているという事を説明するため、僕は資料の収集を開始した。
外国人に説明するため、主に英語の資料を集めた。

その際に出くわしたのが、以前も取りあげたが、マイケル・ヨン氏のブログ。


マイケル・ヨン氏は元グリーン・ベレーのアメリカ人なので、彼のブログはアメリカの利益を第一に考えている。
しかし、日本人が正しい歴史認識を取り戻すことの手助けになる情報がいっぱいある。彼は実際に現地を訪れて取材をしているので、どこぞのねつ造作家とはえらい違いだ。ねつ造作家と言うのは、日本兵が食人をするような映画の原作とか、レイプ・オブ・南京とかを書いた人たちね。あと、吉田清治や本田勝一もだね。

ねつ造と言えば、中韓の歴史ねつ造を英語ではどう表現するのかな?

歪曲は distortion だけど、彼らのは歴史を作ってしまっているから fabrication だよね。creation でも良いかも!?
実際、上記のマイケル氏も、fabrication を使っているような気がする。

マイケル・ヨン氏は、慰安婦問題をはじめとした中韓の歴史ねつ造をさらに調査するために、寄付を募っているそうで、僕も僅かながら寄付している。彼の本が出たら買うつもりだ。

マイケル・ヨン氏だけでなく、アメリカ政府も約30億円もの巨費を掛けて、慰安婦問題などの日本の戦争犯罪を調べている。もっとも、調べるように依頼したのは中国の歴史ねつ造集団だったそうだけど、しっかりと時間とお金をかけて調べたのに、慰安婦問題が嘘っぱちという結果しか出てこなかったらしい。詳しくはマイケル・ヨン氏の以下の投稿から。
この報告書はIWGと言うナチと旧日本軍の戦争犯罪を詳しく調べようとした米議会のグループがまとめたらしい。


そんな具合に、スリランカで情報を収集しつつ、歴史認識を新たにしていったのだけど、知れば知るほど、中韓の歴史ねつ造は、日本が嫌いだからとか、内政のガス抜きで日本を悪者にするとか、そんなレベルでは済まないと思うようになった。
彼らはある戦略を持って、日本のイメージを貶め、汚名を着せ、烙印を押そうとしている。僕はそう思うようになった。
何のためか?

日本を侵略するためだろうね。
日本を侵略するために、反日プロ市民や政治家を使って安保法制・米軍基地・原発再稼働に反対して日本の弱体化を図ると同時に、世界に向かって日本は悪者というイメージを植え付けて、自分たちの侵略を正当化しようという狙いがあるのだろう。
まぁ、この方法ってアメリカの常とう手段で、戦争前の反日プロパガンダとか、イラク戦争前の反イラクプロパガンダとか、アメリカはいつも戦争の前にその手を使う。中国はアメリカから学んだんだろうね。

さてさて、そんなこんなでスリランカですっかり目を覚ました僕は、日本に帰ったら本を買いあさったわけで、以下はその一部。



子供には、正しい歴史認識を持ってほしいので、学校の教科書とは別に購入して渡した。スリランカで過ごしたせいで、僕の子供たちは国旗・国歌に礼儀を払うのが当たり前だと、判ってくれたみたい。国歌が流れたら起立するのが、世界の標準。



日韓併合時代、朝鮮半島は平安時代相当から近代にまで一気に発展したそうだ。それはすべて、日本が行った近代化のおかげで、その投資額は莫大だったそうだ。
コリアは当然、このことに感謝していないし、それ以前に、僕たち日本人も知らない。戦前の日本が如何にコリアの発展に尽くしたかを、写真を多く使って判り易く書いてある。つまり、巨額ODAだけじゃなかったってこと。「漢江の奇跡」なんて嘘ばっかり。すべて日本のおかげ。



こちらは、尖閣、竹島、南京、慰安婦の問題に関して、日本の主張の正当性をまとめている本。
写真が多くてわかりやすい。スリランカに行く前に、買っておけばよかったよ。
この本は英語に翻訳して、各国の日本大使館で無料配布すればいいと思うよ。

そうそう、今回の写真はスリランカで撮った花の写真。
Leica Macro Elmarit-R 60mm + Olympus E-5の仕業。


Saturday, January 23, 2016

Yomei Sannen

前回のポストで、僕がネットを介して目を覚ました経緯を書いたのだけど、その過程ではこのブログには出会わなかった。
このブログに出会ったのは、昨年(2015年)の12月。
twitter で「余命三年」と言うキーワードを何度も目にして、不思議に思っていたところ、そのキーワードで検索したところ、遭遇した。
以来、暇を見つけては読み続け、ようやく先日、全ブログを読み終えたところ。

正直、繰り返しが多くて読みにくいブログではあるが、その情報たるや、読まずにはいられないものがある。
このブログが焦点にしているのは主に、中国・韓国関連で、特に「在日」に焦点を当てている。
実は、僕もこのブログを読んで初めて知ったことが沢山ある。
「朝鮮進駐軍」、「李承晩ライン」、「共産党と在日の暴動との関係」、「朝鮮戦争がなぜ起きたか?」、「延坪島砲撃事件がなぜ起きたか?」、「民主党による国家機密の漏えい事件」など、驚くことしきりだった。
特に、「朝鮮進駐軍」、「李承晩ライン」に関しては、なぜ歴史で習わない or 教えないのかと、歯がゆいことしきりだった。

このブログはなんと、昨年の12月に書籍となった。



ブログに比べたら、ずいぶん内容はおとなしいけど、ネットにあふれている韓国・中国の蛮行の情報になじんでいない人は、まず書籍から入るのも一考かもしれない。
いずれにしても、日本人が今の日本が置かれた状況を理解し、日本人の為の日本を取り戻すために、この書籍とブログは多くの人に読んでもらいたいと思う次第。
僕は、まさかのSEALDsの共感者だった親族に渡すために一冊と、僕自身のために一冊を購入した。
この書籍、つい先日まではアマゾンでのみ購入可能だったそうだ。書籍流通業界も、ある国・ある民族の圧力の下にあるという事が、如実に判ってしまった出来事だった。

余命爺が言うように、在日・反日の問題が片付けば、慰安婦問題などは自然と消滅すると、僕も思う。
今は、マスコミも、司法も、行政も、教育も、外交も、彼らの手の中にあるらしいから、それを取り戻したら、自然と問題は解決して、本来のあるべき日本に戻れるものと、僕は信じている。

Sunny day

子供のころは、祝日には普通に日の丸が揚がっていたけど、最近ではほとんど見ない。
自分の国の旗に、普通に誇りを持てるような日本に戻ってほしいね。


Sunday, January 17, 2016

Awaken up


Cherry Blossom in Tokyo, 東京の桜

神戸の震災から21年目の今日にこういう投稿をするのは、何かの縁だろう。

2011年の東日本大震災の時は日本におらず、インターネット越し、あるいはテレビ越しに日本の状況を知ることとなった。それでも、圧倒的な津波の破壊力とおびただしい数の死者に、ネット越しとはいえ、その当時の僕は圧倒された。

東日本大震災でもっとも大きな被害を及ぼしたのは、疑い無く津波である。その次が地震動による被害だろう。
しかし、東日本大震災と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、原発事故ではないだろうか?
原発事故には直接の死者が一人もいないにも拘らず、なぜ、3・11≒原発事故なのか?

マス・メディアが原発ばかりをクローズ・アップしたせいではないか?
あるいは、反原発の人たちが、嘘・デマをネットやメディアで流しまくったせいではないか?

震災後、ある程度の時間を経て以降、3・11≒原発事故になってしまったおかげで、僕はあることに気付いた。
目が覚めた、と言ってもいいだろう。

原発事故当初こそ、反原発の主張にはひかれるところがあった。しかし、原発事故が発生したからこそ、半ば脅すように過剰な避難を勧めるデマや、放射線の被害をあおる嘘に対して、「それは間違っている」という人たちが現れ、一つ一つ、反原発の嘘やデマをつぶしていった。僕はネット上でその様子を目の当たりにして、原発に対する危険神話に僕たちが毒されていたことに気がついた。それが最初の気付きだった。

反原発の人たちは目的があって、原発に対する嘘やデマを広めて、日本中の原発を止めようとしていた(いる)と、僕は理解するようになった。何のために、だれの利益のために、というのが次に浮かんだ疑問だった。

反原発デマの後、僕がネットで目にしたのは、確か在日特権に反対するデマに対する嫌がらせだったように思う。在特会を攻撃する発言を twitter でしているのは、反原発の人たちだった。この時点で、反原発=在日擁護=日本の敵という具合に、僕の中で繋がった。となると、反原発が何のために日本中の原発を止めようとしているか、という問いにも答えが出た。
日本を弱体化するためだ。

なぜ、太平洋戦争=大東亜戦争が起きたのか?
石油を止められたからだ。日本はエネルギー資源が無いため、エネルギーの輸入を止められたら干上がってしまう。石油の輸入を止められたから、戦争を選ばざるを得なかった。
だからこそ、戦後の日本は原子力発電を進めてきた。

ところが、日本の敵の皆さんは、日本になるだけ弱体化してほしい。だから原発に反対して、原発を止めさせて、日本の輸入エネルギー依存度を高めようとしているわけだ。安価な原子力による電力供給が減れば、日本の国際競争力も低下する。何のことはない、日本の敵国のために、反原発の皆さんは一生懸命働いているわけだ。

次に反原発の皆さんが、反原発以外の主張をしているのを目にしたのは、沖縄・普天間基地移設の問題だった。
反原発の皆さんが、辺野古移転反対を訴えているわけだ。
これで、反原発=在日擁護=米軍基地反対=日本の敵、という図式がさらに強固となった。

沖縄の海兵隊基地・米軍基地が無くなって喜ぶのは一体誰か?日本とアメリカ以外のどこかの国だろう。
その外国勢力のために、反原発の皆さんは一生懸命、働いているわけだ。

しかも、反原発の皆さんは、慰安婦問題で日本が謝罪するべきだと主張している人たちと繋がっているし、南京虐殺が歴史の事実だと言っている人たちとも繋がっているということも、どんどん判ってきた。

とどめは、反原発の皆さんは、昨年2015年の夏、安保反対デモで大騒ぎしていた人たち、徴兵されるとデマを流しまくった人たちと同一、もしくは繋がっていると言う事も判ってしまい、以下の図式が強力にその正当性を主張し始めた。

反原発=在日擁護=米軍基地反対=慰安婦の嘘を擁護=南京虐殺の嘘を擁護=強制連行の嘘を擁護=難民受け入れ賛成=沖縄独立推進=安保法案反対=日本人の敵

なんてことはない。
反原発も、在日をはじめとした弱者擁護、人の良い日本人の良心につけ込む弱者擁護も、慰安婦の嘘を助長したのも、南京虐殺の嘘を広めたのも、強制連行の石碑を日本中に作りまくったのも、テロリストを擁護し政府を攻撃するのも、難民の受け入れを主張するのも、沖縄の独立を主張するのも、自衛隊を敵視し、日本の安全保障を妨害するのも、すべて日本人の敵に対する支援行動だったわけだ。

僕たちはそれにずっと騙されてきた。

騙されたと判った以上、もう騙されないが、騙されたことに対しては、はらわたが煮えくりかえるほど腹が立っている。

そもそも、僕たちが学校で学んできた歴史自体が、ねつ造されまくりの嘘だらけだったのだ。僕たちはシステマティックに騙されてきたわけだし、良心につけ込まれてきたわけだ。

最近、色んな本を読んだり、一次資料にあたったりしているが、僕の中では色んな事がクリアーになって来ている。

僕たちは、戦前の日本はひどい国だったと教えられてきたが、本当にそうだろうか。
戦争の前と後で、日本人という人種がそんなに簡単に変われるだろうか?
日本兵が残虐行為をしたり、日本軍が侵略したと教えられてきたが、自分たちと同じような文化と性格を持っていたはずの僕たちの父祖が、そんな残虐な事をしたり、侵略戦争を率先して起こそうとしたりすると、信じられるだろうか。
しかし、これまで僕たちはそう教えられてきて、その考えになんの疑問も持たなかった。でも、それは誤りだった。

僕の小学校の先生は沖縄戦の生き残りだった。つまり日本兵だった。でもその先生はやさしくて、思いやりのある、普通の日本人だった。僕の祖父や曾祖父を僕は知らないが、僕と同じような人間だったに違いないし、残虐な事をしたり、人のものを奪ったり、侵略したりするようなことを忌み嫌っていただろうことぐらいは判る。
つまり、僕たちの父祖は僕たちと同じような人たちで、僕たちと戦争前の人たちとの間には断絶は無く、繋がっているはずだ。

だから、戦争前の日本は悪で、今の日本は良いという考え方に、僕たちは疑問を持つべきなのだ。

自分の親の悪口を言う人を、尊敬する気になるだろうか?
いや、そのような人たちは軽蔑されるだろう。世界中どの国であっても。

そして、その軽蔑するべき人たちに、今の日本人は自分では意図せずになってしまっている。
このことに、僕たちは気づくべきであり、速やかに直すべきだと、僕は確信している。



Blog Archive

Followers

Recent Comments

Blogs I'm Following

  • Photo [Flickr] - GEROPPA posted a photo: [image: Photo] via Instagram ift.tt/2q4gjy0
    18 hours ago
  • これよりチェックイン - これより香港ゆきNH859便の搭乗手続きです。
    1 day ago
  • Emacs 25.2 リリース - 2017-04-21、info-gnu-emacs ML で、Emacs 25.2 のリリースがアナウンスされた。今回はバグ・フィクス・リリースとされる。 - http://ftpmirror.gnu.org/emacs/emacs-25.2.tar.xz 最終 Release Candidat...
    2 days ago
  • SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2をE-M1MARKIIで撮る - レンズターボを挟んでの撮影です。 残念ながら、 新型のSP70-200は電磁絞りなので、 絞りは開放のみとなります。 まぁ、最近のレンズは、 風景でも撮らない限り、開放だけでも十分ですが。。。 計算上は、換算285mmで、F値は2.0となります。 わずかなケラれが見られますが、300F4ほどではありません。 ...
    6 days ago
  • Sakura, Cherry Blossom, in Yokohama, 横浜の桜 - Yoshinori_4401 posted a photo: [image: Sakura, Cherry Blossom, in Yokohama, 横浜の桜] Leica Macro Elmarit-R 60mm + E-5
    1 week ago
  • サクラまだ大丈夫。 - こんにちは、サクラ実況ブログです。京都大学のサクラはいまこんな感じ。満開ですわ。今年はサクラが咲く前にグッと寒くなったからか、例年よりも長くサクラを楽しめてる気がします。写真1枚目は毎年のように紹介してる、時計台の横のサクラ。写真2枚目も同じサクラ。夕日があたるか、あたらないかで、色目や趣が随分と異なります。写真...
    2 weeks ago
  • Line from our ancestors - [image: 早咲きの桜 Early blooming cherry blossom ~ fading into] 「終戦の日を持って、日本は生まれ変わった」かのように僕たちは教えられてきたが、それは嘘だと思う。 戦前、戦中の日本人は今の僕たちと同じような人たちだったはず。 今と昔では価値観には多少の違いがあ...
    3 weeks ago
  • チンタラ人生の始まりです。 - 24日に退院することになったが、以前と同じ暮らしは望むべくもない。 だから、もうこんな風景を撮ることは無いだろう。 Archive 東千歳 旧双子の木 だからといって悲観している訳ではない。 生き方を変える良いチャンスでもあるのだから。(どれほど生きられるかは分からないが) 慌て者でセッカチなおっさんがこれ...
    5 weeks ago
  • オオバン - [image: Eurasian coot] 万博記念公園のオオバン。 水飲みの合間に、 羽を持ち上げてポーズをとってくれました。 Nikon D300s、AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G
    5 weeks ago
  • Nexus 5X in dark - 須磨海浜水族園の深海コーナー。薄暗い照明のなか、Nexus5Xをガラスに密着させてHDR+で撮影。絞り f/2、露出時間 1/10s、ISO感度 3097 で見られる絵が撮れる。 水族館のガラスというのが結構曲者で、実際にはアクリルで水と屈折率が違うので斜めから撮ると像がボケる。特に曲面は最悪なのだけれど...
    1 month ago
  • 超絶ヨーデル - これを観てから、超絶ヨーデルが脳内でリフレイン中。BGM用1時間バージョンや10時間バージョンも既に作られてるんだよね。 公開されたのは1月25日。既にビデオ再生は350万回を越え、感動コメントも5500個を越え増加中。 「なんでこれ聴くのやめられねーんだ」 「これ作ってくれてありがとう!もう着メロ、メッセー...
    2 months ago
  • 1年後にokanomail.comを終了します - okanomail.comのドメインを取得して運営してきたこのブログですが、来年春のドメイン更新を気にドメインの維持を終了することにしました。2003年から使っていたドメインなので、ちょうど15年になります。 もともとメール用に取得したドメインなのですが、今や個人のコミュニケーションの中心はメールではなくメッセ...
    2 months ago
  • 2017/01/15 - [image: P1020511] 揺れ、響く
    3 months ago
  • Simon & Garfunkel - The Sound of Silence(サウンド・オブ・サイレンス)歌詞和訳&解釈 - Disturbed's cover In the post-truth era, this 50+-yr-old song resonates more than ever. ボブ・ディランに憧れ、似ないようにがんばって書いたら超えてしまった歌。出た当初はみんなてっきり冗談ソングだと思って、「こんにちはダ...
    4 months ago
  • 選べない - 生きる上で選択できることってたぶんあまり多くない。
    6 months ago
  • Blogger テンプレートでラムダ式が使用可能に - [image: Lambda] (cc) Sigfrid Lundberg *新しいテンプレート表現「ラムダ式」* 昨年(2015年)5・6 月に、Blogger テンプレートに新しい表現方法が相次いで登場したのを覚えているでしょうか。 - Blogger テンプレートのウィジェットタグに新しい表現...
    10 months ago
  • Blogger テンプレートでラムダ式が使用可能に - [image: Lambda] (cc) Sigfrid Lundberg *新しいテンプレート表現「ラムダ式」* 昨年(2015年)5・6 月に、Blogger テンプレートに新しい表現方法が相次いで登場したのを覚えているでしょうか。 - Blogger テンプレートのウィジェットタグに新しい表現...
    10 months ago
  • 「僕だけがいない街」Kindle 版予約受付中 - 三部けいによる SF ミステリー「僕だけがいない街」の最終巻・第 8 巻の Kindle 版が予約を開始していました。2016 年 5 月 2 日 (月) 配信開始。値段はコミック版と同じ 626 円です。 [image: 僕だけがいない街(8) (角川コミックス・エース)] コミック版の発売が 4 月...
    1 year ago
  • イスラエルの砂漠でもできる農業 - [image: 山_IGP7187] ノマド国家イスラエル第二弾 ハイテク農業が強い訳 (NOMAD PROJECT) イスラエルの砂漠でもできる農業を日本に持ってくるか、、。水や土をうまく使って日本の50倍以上効率よく農業をやるって、面白いなあ。 [image: にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ]
    1 year ago
  • 光 2 -
    2 years ago
  • Esala Perahera in Kandy - [image: Esala Perahera 2014 in Kandy, Sri Lanka スリランカ、キャンディ、ペラハラ祭り] 去年の8月にキャンディで見たペラヘラ祭りだよ。 ゾウに色んな衣装を着せて、電飾で飾り立てて行列をするお祭りだよ。 8月のキャンディはこのお祭りのせいで人がいっぱいだよ。 [i...
    2 years ago
  • 先物オプ・トレードのメモ (JST:11/05/2014夜間) - *3/18/2014から実践中の投資スタイルのメモ* *マーケット&トレード概要* メインのSSを放棄。その返済に伴う損失を補填するためブル・クレジットをメインに組成し、基本は放置。サブ1として短期の先物売買。第二の黒田バズーカに誘われてダボハゼ的に個人が参入してきそう。相場が昨年のGW前のように押し上げ...
    2 years ago
  • Feelings , swaying . - 風もないのに まだ 揺れているのは なぜ 取るに足らない 理由で 揺れている たぶん 時間の経過 季節の深まり
    2 years ago
  • Bingについて - インターネットエクスプローラのメイン画面にBingという検索ソフトが表示されていますね。ところがいつの間にか、これが一番上のタブにまで表示するようになったのですよ。何かのダウンロードのついでに送り込ま...
    2 years ago
  • 春風 - 5月4日 風がここち良い5月の とんもり谷戸 にて
    2 years ago
  • メタボと診断されたらどうする?肥満予備軍からの脱出 - *現在、中年男性のメタボリックシンドロームとその予備軍は2000万人とも言われています。* *メタボは高血圧、高血糖につながり、これらが重なると糖尿病や動脈硬化などの疾患につながり、命をも危険にさらすリスクを伴う状態です。* 国では特定健診制度として40歳以上の健康保険加入者を対象に、糖尿病等の生活...
    3 years ago
  • 自宅にインテリジェントスイッチを置いてみる。 - 先日Cisco 1812Jを中古で買ったばかりですが、メインで使っているVLANセグメントのポート数が足りなくなってしまったため、新たにアライドテレシスのインテリジェントスイッチCentreCOM GS908Mと、CiscoのCatalyst2940-8TT-Sを中古で導入してみました。 段々自宅が「どこの...
    3 years ago
  • 2013年 今年も宜しく! - あぁ・・・年が明けてもう2月半ば。 のっけからですが・・ 私、昨年12月から体調が良くないのですよ。 ブログも頻繁に書きたい気持ちはあったけど、 パソコンを見る余裕もなく・・。子育てと家のことでイッパイでした。 なので書きたい事は山積みなのですが、自分のペースでゆっくり 書いていきますので気...
    4 years ago
  • 元日は旧ブログ(サンノゼ田舎暮らし)の閉鎖で気分は心機一転 - [image: DSC04174](新ブログより) サンノゼは穏やかな元日の朝を迎えた。この時期は雨季のはずなのに、ここのところ晴天き続きで夏の水不足が今から心配になってきた。これは異常気象だ、雨雲が無いのはおかしい、これでは庭の植木が枯れてしまうなどと、季節はずれの青空を仰ぎみながら、きっと世界の終わりが近いの...
    5 years ago
  • 地震 - おひさしぶりです。 余震が続きますね。とりあえず元気です。 うちは神奈川で震度5弱でしたが、地盤が緩いのでかなり揺れてこわかったです。 熱帯魚水槽の水がずいぶんこぼれていました。 いつ停電するかわからないので風呂に入れないけど被災地のことを思えばなんでもありません。 母は東京から帰れなくなったけど連絡はつきま...
    6 years ago
  • 快晴の朝に - おはようございます 昨夜から東京は暖かくなって今朝は快晴です 少し生暖かくなった空気の中街を歩くと何やら気分まで春めいてきますね これから世界はどんどん良くなって行くんだというような 予報では明日はまたぐっと気温が下がるそうです 三寒四温ですな 変化という事について考える 先日アジアンオープンという競技ダンスの...
    6 years ago
  • ちょっとした宣言 - 書こうと思っているブログ記事は少なからずある。でもそれらを追求する力が今は欠けている。それでもある程度で妥協して記事を載せればよいとも思うが、そのある程度が問題で、いまだその程度に達してはいない。 今までこの場で何回か宣言をしている。それは万が一これを読む人にとってはどうでも良い宣言ではあるが、僕にとってはやは...
    6 years ago
  • ペンギン - ちょうちょ、ちょうちょ。
    6 years ago
  • Stupid Check system to Japanese Science programs - In May, The Japanese government, now occupied by the Democratic Party of Japan, decided to check efficiency and effectiveness of the national scientific pr...
    6 years ago
  • This blog has moved - This blog is now located at http://handa2.blogspot.com/. You will be automatically redirected in 30 seconds, or you may click here. For feed subscribers, p...
    7 years ago
  • ◎ノ◎ 夏向きのパン:芝麻醤紅糖焼餅 - [image: ◎ノ◎] 近所に旨いパン屋がないものか、と 引っ越してきて以来探してみたけど、ないです。 ここいらの人は、どこでパンを買うのだろう? コンビニで売ってる食パンをグリルで焼くと すぐに炭のように表面だけ焦げちゃうし... ほんなら、とせっせこ焼いてたんですけど>先月は涼しかったもんね。 さすが...
    8 years ago
  • 製造中止のKONICA MINOLTAで困ったちゃんになったもののe-bayに救われるの巻:D - 買ったのはe-bay.US でも上海から届いたyo! デジカメはプリント代がかからなくっていいわ~っと バカスカ撮ってたら、PCのメモリーがパンパンになってしまった。 ...というのは私だけではないと思う。 こんなケースはあるかしらん? 2004年に買った、私の大事なDimage...
    9 years ago

Yoshinori_K's Blogs