Wednesday, March 30, 2011

Eligibility for a leader in Japan

経済学者、池田信夫氏の tweet から読み解く日本におけるリーダーの条件とは、
  1. スタンドプレー ≒ やっている振り (pretending) は上手
  2. 優柔不断 ≒ 決断力がない
  3. 情報隠ぺい ≒ 虚偽の報告
  4. 責任回避
  5. 戦略なし ≒ 命令、指示の一貫性なし
  6. 補給(兵站)の軽視 ≒ 現場の部下が飢えても平気だけど自分が飢えるのはいや
ということで、これは戦前から脈々と続く伝統らしい。
こんなリーダーにはなりたくないな。
というより、この要件って、実力はないけど出世はしたいサラリーマンで、上司に持ったら最悪!ってパターンじゃないの?
反面教師にするのが良いかな?

◇ 追記:私見による日本に戦略家が育たない理由

Wednesday, March 23, 2011

Worth of the life in Japan

◇ Tsunami children hunt for parents(動画記事が開きます。音に注意)

学校に通っていた子供たちの多くが助かったという良いニュースの反面、彼らの親たちの多くが行方不明というのは、痛ましい事実。
各自治体で百人単位で発生しているだろう津波孤児たちには、国による特別な支援が必要だ。明らかに普通でない事態である。戦災孤児と同じような扱いが必要ではないだろうか?

◇ Japan tsunami strikes at sea(動画記事が開きます。音に注意)

東日本の太平洋岸を襲った津波、海上ではこんな具合だったらしい。
すごく大きな波で揺れた海上保安庁の船の乗組員たちは、必死で陸に連絡を取ったのだろう。

◇ Stop-start work at Japan reactors

福島第一原発に外部電源が接続されたことを報じる記事だが、僕が取りあげたいのは記事の末尾に掲載の図。
ずいぶん前から取りあげようと思っていたのだけど、アメリカ政府が80km圏に対して避難勧告しているのに対して、日本は30km圏内に屋内避難指示を出している違いは一体何なのだろうか?
これは、日本の方が放射能に対して寛容とか、欧米が過敏に反応という話しではない。
同じような違いは、フランス政府が同国民に対して日本からの避難を勧告し、エア・フランスが増便して日本からの脱出者に対応したのと、ムバラク元大統領を追放したエジプト危機の際に日本が自国民の脱出を支援する飛行機を飛ばさなかった点にも見て取れる。
昨日はリビアで米軍機が墜落したが、そのパイロットの救出に米軍は全力を挙げた筈である。
アメリカは人の命を大切にする。Operation Tomodachi で大量の支援物資を送り込んでくるのも、そういった基本思想が背景があるのではないか?

80kmと30kmの違いはそのまま、「国民の命」に対する認識の違いではないか?

これは個々の政治家の資質が云々という問題というよりも、伝統とか国民性という全体の問題と思う。
日本のリーダーは官民問わず、伝統的に無謬であること事を課せられている(責任を取らないという意味)が、そういう国民的体質もこの思想の違いに関連しているのではないだろうか。
そんな気がしてならない。

日本とベトナムがますます同じに見えてきた。その反面、アメリカと日本がますます違うものに見えてきた。

おまけ:
◇ 「豊かな日本」の終わり
 正直、彼の「経済がすべてを決める」的な論調はあんまり好きじゃないんけど、それでもついつい読んでしまう池田信夫氏の投稿。
 さらりと書いているが、実に深いことが書いているように思える。
「先送り日本」はやめないといかん、ということが如実になったのでしょうか。

Tuesday, March 22, 2011

After weeks later from the disaster in Kobe

◇ Japan warns on quake deaths rise

母国のニュースを BBC でフォローするのは馬鹿げているが、外国からどのように見られているのかは良く判る。
最終的な death toll は四万人近くにも及ぶのだろうか?痛ましい限り。
日本メディアや twitter によると、避難所はすでに疲労と緊張の極みに達し、喧嘩沙汰も目立つようになってきたと聞く。また支援物資の配給も届く避難所と届かない避難所の格差が目立ってきたらしい。

被災直後は、その場にいるみんなが極限状態に置かれ、どんな人であっても助け合おうという気持ちが強くなる。同じ「被災者(※)」という連帯感のような感覚すら芽生える。
しかし、徐々に被災した人々の間に格差が生じ始める。支援物資が行き渡るかどうかもそうだが、各自のバックグラウンドによる違いも徐々に鮮明になってゆく。たとえば大企業は社員に対して万全のバックアップ体制を整えるが、そういった背景のない中小企業や自営業者などは、業界団体か公的支援のみが頼りとなる。
さらにプライバシーのない避難所での生活は相当なストレスを与え続けるはずだ。
方や「頑張ろう」という気持を持ちつつも、気が立ってくるのも事実。

被災直後の破壊的な喪失感も癒えないうちに、次なる緊張や疲労、そして苦痛と屈辱が被災地を覆うことになる。しかもそれらの多くは人間によってもたらされるものだ。
被災から時間が経つにつれて、被災した人たちの中には恨む対象を大災害をもたらした自然から他の人間に移してゆく人も出てくるだろう。もちろん、それには個人差がある。希望を感じようとする人は彼や彼女を取り巻く状況の中から未来を良くする要素を見つけ出そうとし、実際に見つけてゆくだろうが、そうじゃない人は悲観的な状況をさらに悲惨にするような事象を見つけ出し、悪循環に陥ってゆくだろう。だがそれによって彼らが責められるべきではない。

神戸の震災の後、僕は復興の仕事に従事する傍ら、時々街の写真を撮っていた。震災から1ヶ月ほど後のことだっただろうか?ある場所の写真を撮っていた時に、僕は鋭い殺気を背中に感じた。そそくさにカメラを鞄にしまってゆっくりと振り返ると、10メートルほど離れた場所から一人の老人がものすごい眼光で僕を睨みつけていた。その場所の写真を撮ることによって、僕は彼の琴線に触れたのだろう。自分も被災した人間だという気持ちの甘さが、その時の僕にはあった。

被災直後は、生き残った人たちは生きることに必死で、或いは喪失感に打ちひしがれていて、他の人がすることなんかに注意を払う余裕はない。しかし時間が経つにつれ、さまざまな事を考える余裕が出て来てしまう。その時点で、被災した人たちはすごくナイーブになっている。彼らは他人の言動に、特に被災していない人たちのそれに対して、すごく傷つきやすくなっている。
写真を撮る人間の一人として、同じく写真を撮る人たちにお願いしたいことは、仮に被災地に行くことがあっても、上記した僕の経験から、がれきと化した家屋や街並みにむやみにレンズを向けてほしくないと思う。
それで傷つく人もいるし、被災家屋や被災した人たちは見せものではない。
どうしても写真を撮りたいなら、レンズを向ける前に、そこで暮らしていた人たちがいて、そこで亡くなった人たちがいるかもしれないということを、自問自答した方がいいと思う。或いは世界に何かを訴えかけるという責務を負って、その写真を撮るべきだろう。

言うまでもなく、今回の東北関東大震災は神戸の震災よりも数倍悲惨だ。天災で苦しんだ人たちが今度は人間によって苦しめられないことを祈りたい(※※)。

しかし、相変わらずまとまらない投稿だ。

※:この投稿を書きながら、「被災者」という言葉には差別的な響きがあることを思い出した。なので途中から「被災した人たち」という表現に変えた。

※※:これは、被災していない人たちが楽しみを自粛するべき、というものではない。ホリエモンとかが tweet しているように、被災していない地域の人たちは、大いに経済を回すべきだと思う。

Sunday, March 20, 2011

Operation TOMODACHI, Hearts and Minds again in Japan?



twitter で拾った Operation TOMODACHI に従事中の米軍ヘリとパイロット。
twitter で紹介されたサイトはこの動画とハイチにおける支援物資配給活動の動画を比較することで、支援物資に殺到し殴りあって奪い合うハイチの被災者と、整然とバケツリレーで物資を運ぶ日本人との違いをハイライトするもの。
ここベトナムでも、「暴動をおこしたり略奪を働いたりしない日本人は素晴らしい。あの秩序を守って我慢づよい態度は称賛に値する」というコメントをよく貰う。
確かに、目に見える範囲(報道される限り)では、日本人は殴りあったり奪い合ったりはしない。だが、物資の供給が全くない被災地の状況は悲惨で、女性や子供から食べ物を奪うという事態に発展していると聞く。
阪神大震災の時もそうだったが、物資が被災地に「公平」に行きわたるとは限らない。狭い範囲が集中的に破壊された阪神大震災よりも、今回の大災害はこの点でも非常に条件が悪い。被災地は普段からアクセスの悪い地域で、しかも広範囲に散らばっている。現時点でも物資の届かない「忘れ去られた避難所」があるかもしれない。

個人的な見解だが、災害時において日本人が暴動をおこしたり略奪を働いたりしないのは(※)、それを日本人は「恥」だと無意識下で考えるからではないだろうか?相互監視下にある日本社会では、目立った行動を取ることやコンセンサス(無論それが明文化されることはない)から外れる行動を取ることは、自らの恥であり、身内の恥となり、閉鎖的なムラ社会から迫害されることとなる。無意識のうちに「恥」を回避する行動を選択する日本人は、秩序を守り、暴動をおこしたりはしない。生存そのものが脅かされない限り、普通の日本人は略奪や暴行に走ることはないだろう。もちろん、個人差はあるが。
この「恥」という観念は、リベンジややり直しがきかない日本社会のあり方や、現在の就職難にも絡んでいると思うが、この話はまた別の機会に。
まぁ、ひょっとしたら、震災に関するクリアーな情報を外国に向けて発信しないのも、この恥という観念がなせる技かもしれないな。

大幅に趣旨から外れた。
トップに示した動画のアメリカ軍兵士、格好良くないだろうか?
頼まれもしないのに避難所のグラウンドに着陸し、「みんなで食べてくれ」と言って去ってゆく。離陸するヘリコプターを見送る住民たちは手を振っている。
「やらせか?」と疑いたくなるほど、西部劇的義侠心に満ちている。
Hearts and Minds 作戦?
"Hearts and Minds" は、住民のハートを掴んで軍事行動を容易化しようというものだが、最近ぎくしゃくしている日米関係を考慮して、ひょっとしたらそんな配慮をしているのか?と思ってしまうぐらい。
今回の救援活動を通して、(特に被災地では)日本人の対米軍感情は間違いなく良い方向に変化するだろう。


こちらは、厚木基地の状況。支援物資が山積み。アメリカ製の紙おむつ、日本人の赤ちゃんに合うのかしら?
トップの動画のヘリコプターも厚木から来たのかな?

一方、香港の新聞ではこんな記事が載ったらしい。
いわく、「日本が弱っている東北関東大震災の機に乗じて尖閣諸島を奪取するべき」とのこと。
多くの中国人は今回の震災に関して日本に同情的とのことだが、「おぼれた犬は棒でたたけ」という諺のある国だけあって、この機に乗じようと考える輩もいて当然だ。
しかし、100年前ならこの考えは通用しただろうが、現在のようにネットを介して情報が一瞬で共有出来てしまう世界では、この選択肢はあり得ないだろう。
もし今、中国軍が尖閣諸島に上陸した場合、中国は世界中を敵に回すことになる。
これまで必死に作り上げてきた、「中国はまともな国」というイメージは一瞬で崩れ去ることになる。
一方、自衛隊の救援活動を見ている日本国民は自衛隊に対する評価を良くしているはずだ。つまり憲法違反の軍隊とみるよりも、命がけで国を守る組織、と認識を改めているだろう。
この状況下で中国が尖閣に手を出した場合、それは自衛隊に課せられたさまざまな頸木を外す好機を、日本にみすみす与えることになる。日本得意の謝罪外交も当然終わる。尖閣が日米合同軍(※※)に奪取されるのは間違いなく、稼働中の春暁ガス田(字、あってるかな?)も破壊されるだろう。

その結果として中国が得るものは、以下のとおりであり、全く得しない。
  1. 国際イメージの墜落、
  2. 過去の頸木を外された自衛隊改め日本軍が、あからさまな対中戦略を取り始める、
  3. さらに強化された日米同盟が、中国海軍が意図する戦略(第二列島線までの進出)を阻止する、
  4. 春暁ガス田、東シナ海ガス田利権からの完全撤退、
場合によっては、共産党支配が揺らぎかねない(というより、絶対に揺らぐだろう。日中、米中の経済関係が悪化することは、中国のビジネスマンにとっても受け入れられない事態だろう)。
この選択が中国にとって何の利益も生み出さないどころか、悪い結果しか生まないことに気付かないほど、人民解放軍の幹部はアホじゃないと思うよ。

話が飛躍しすぎた。
いずれにしても、アメリカ軍がガンガン被災地に物資を送ってくれて、状況が少しでも改善することを期待したい。ロジの能力はやっぱり桁違いなんだろうなぁ。
それと、孤立した避難所が一刻も早く救い出されることを望みたい。
ひどい状況になっているのは間違いない。

それと、リーダーシップを取れないスタンドプレーヤーの首相は今すぐ退陣して、まともな人間に代わって貰いたい。

※:実際の被災地には盗みを働く輩が沢山いる(他の地方から集まってくる)し、治安も悪い。弱いものが損をする厳しい環境だ。

※※:リビアに介入している今も、アメリカ海軍は2隻の原子力空母を日本に張り付けている。残念ながらアメリカ海軍は、ニセモノ演説が言うように原子力空母を35隻も保有していない。10数隻しかない原子力空母が2隻も日本近海にある意味は非常に大きい。

追記:
◇ 東日本大震災「現場はもう限界だ!」メーリングリストで叫ぶ医師たちのSOS
やはり略奪が発生しているらしい。
なんとかならないのか。

◇ Japan hails the heroic 'Fukushima 50'

福島第一原発の現場で体を張って頑張っている電力会社の Nuke Engineers や自衛隊・警察・消防隊員その他の勇気ある人たち、海外では "FUKUSHIMA 50" と呼ばれて、その献身的な勇気を称賛されています。
ネーミングの素晴らしさもさることながら、現場で命がけで頑張っている人たちを応援し、称賛する気持ちに国境はないですね。
本当に立派だと思います、FUKUSHIMA 50。
仕事を終えて、無事に帰ってきてくれることを祈っております。
暖かいお風呂と美味しいビール、それに家族の笑顔が待っていますよ~。

Friday, March 18, 2011

Donation to Japan Red Cross Society for Tohoku Tsunami Disaster



東北関東大震災の募金をしたいと思って、どの媒体で募金するかな~?と考えていたのだけど、良いところが思いつかなかった。
「慈善団体って、なんかよく判らん」というのもある。どこがちゃんと募金を被災地に届けてくれるのか、最近の世知辛い世情を勘案すると、信用できるところをなかなか決め切らなかった。

というわけで、優柔不断な僕は、神戸の地震の時に「ある意味」で助けてもらった会社を通すことができたら良いなぁ、と思っていた。どうやって助けてもらったかというと、支払いを待ってもらったのだ。
「被災者の方への請求は1か月(2か月だったか?)猶予します」と言うやさしい女性の声を、寒風吹きすさぶ神戸の街で公衆電話の受話器から聞いた時は心底ほっとした。

そんなわけで、こちらのカード会社が「義援金募集しま~す」というメールを待っていたのだけど、今日電話で問い合わせたところ、日本赤十字社への募金の決済にカードを利用すれば良いということが判った次第(ホームページをよく読んだら、そう書いてあるんだけどね)。
Bloggerユーザーの僕としてはGoogleの東北関東大震災支援ページで募金することも考えたんだけど、行き先はどの道同じなので、上述の通り、日本赤十字社のページのカード決済で募金することにした。

寄付金額は一般的な妻子あるサラリーマンに与えられる一カ月分のお小遣い程度。
大した金額ではないが、少しでも被災地の人たちの役に立ってもらえると、とても嬉しい。

特に子供や赤ちゃん、それに赤ちゃんのお母さんのために役に立ってくれると良いなぁ。

PS:
海外から募金するなら、このカード決済っていうのは良い方法かもしれない。
ネットショッピングと同じ感覚で寄付が出来てしまう。
そうそう、赤十字のホームページでは、毎月決まった日に定額を募金するという太っ腹なオプションも選択できるよ。僕はもうちょっと器がでかくなってからにしておくけどね。
Twitter の TL を見ていると「節電して節約したお金で募金」というムーブメントもあるそうで、「日本国民は娯楽を自粛して募金しないといけない!!」みたいな国民的運動に盛り上がりそうだけど、僕の考えでは無理しなくても良いと思う。
「助けてあげたい」という気持ちが大切だよね。

追記:
「日赤への募金は人件費で半分消えるから、日赤には募金するな」という情報を twitter に流している人がいるそうだけど、こういうことを言う人は人間が働いて維持している社会の仕組みというものをよく理解していないと思うし、こういう発想をする人が多いことは、日本社会がどんどん貧しくなっている大きな原因だと確信している。
僕は寄付したお金を全額人件費でつかって貰ってもかまわない(めちゃ安い寄付だけど)。それでその人たちがいい仕事をして被災者が少しでも助けられるなら、十分結構な話だと思う。

追記2:
寄付と義援金は違うそうな。
寄付:団体の活動(当然救援・支援活動を含むと解釈するが)に使われる。
義援金:直接、被災者に届けられる。
現時点では、被災地では物資不足で物が買えないような状態らしいから、寄付が良いのかな?
義援金は復興が始まった時にでも検討するか?

Tuesday, March 15, 2011

Relax Japan



なんか、首都圏ではスーパーやコンビニで食料品を買い占めている人がいるそうな。
そんなに買っても、食べきらんで~。
「なんでこんなに一杯買ったんや!」って、後悔するでー。
そんなに心配しなくても、被災地でもないし孤立もしていない首都圏(千葉とか茨木は除く)で「飯が食えなくなる」なんてことはないんじゃないの~。
それとも、被災地の人が「米送ってくれ!」と涙ながらに訴える映像を見ながら、買い占めた食料を眺めて「おれは大丈夫」って悦に入るって趣味なのかな?
そういう人とは、友達になれないな。
まぁ、小さな子供が家にいたら食料を確保したい気持ちはわかるけど、食糧が手に入らなくなる事態ってそう簡単には起きないもんだよ。

計画停電で大騒ぎしているけど、ベトナムでもアフリカでも、計画停電なんて当たり前だよ~。
予告なしの停電だっていつものこと。
エレベーターに乗るときには、閉じ込められることを想定するね。
まぁ、途上国ではスタンバイ・ジェネレーターが重要な施設にはあるけどね。日本でも今後は導入した方がいいかもよ。

そもそも、東京圏と言うか、首都圏って、でかすぎるんだよね。
人が多すぎて、建物が多すぎて、システムが複雑すぎて、めんどくさいことが多すぎて、災害に対してすごく脆弱な街だよね。
成長が鈍った日本には、こんなに複雑で贅沢なシステムってのは、もう高価すぎるんじゃないの?
一極集中なんてもうやめて、地方に分散すれば?
そうすれば、災害やテロに対して冗長性を確保できるよ。

しかしまぁ、計画停電しないといけないような時に本当に会社に行く必要がある人って、いったいどのぐらいいるんだろうね?
現場に立つ人は行かんと仕方ないけど、オフィスワーカーなら1/3ぐらいじゃないの?
不要不急の人は在宅勤務 OK じゃないのかな?
在宅勤務が可能な人で、会社がそれを認めてくれないなら、休んでしまえばいい。
なんかブチブチ細かいこと言ってる人たちがいるけど、そんな人たちはほっといて、Take it easy で行きたいもんだね。

落ち着いて、一歩引いて考えてみたら、被災地で本当に大変な目に遭っている人以外は、そんなに状況は悪くない。
焦っても仕方ない。
あかん時はあかんし、上手くいくときは上手くいく。
ムスリムじゃないけど、「インシャ・アラー」だね。

リラックスして、深呼吸して、肩の力を抜いて、目をつぶって心を静めると、本当に必要なことが見えてくると思う。
「やらないといけない」と思うことがなければ、酒飲んで飯食って吉本でも見て、寝てしまうのがいいね。

"Relax! Go home and take a rest."
アルジェリアで一緒に働いていたイタリア人が、しばしば僕に言ってくれた言葉。
日本人はまじめすぎる。イタリア人を見習ってリラックスすることも必要だね。

明日は明日の風が吹く。
希望を持つ人には、より良い明日がやってくる。

Sunday, March 13, 2011

Personal Memorandam: What happened after earthquake strike.

BBC:In pictures: Japan earthquake and tsunami

今回の東北関東大震災は、未曾有の巨大津波による壊滅的な被害が海岸沿いの集落(多くは山に囲まれた平地に位置するので、陸上交通を遮断されやすい)を広域に渡って襲ったことと、原子力発電所からの放射能漏れのリスクがあることから、僕が体験した15年前の阪神大震災とはずいぶん違うので、僕がここに書こうとしていることは被災地の人たちには役に立たないだろうし、まず彼らの目に届くことはないだろうけど、何かの役に立つかと思ってメモを残すことにしよう。
もっとも、僕の体験などは被災者の中ではずいぶん幸運な方なので、大したことは書けないが。

当時の記憶などを箇条書きにしよう。
  • 水、食糧を確保することを心がけた。
  • 親、友人、勤務先に安否連絡。当時は携帯電話が普及していなかったので、逆に携帯電話での通話が容易だった。
  • 地震後、1週間ほどは自宅以外の場所に避難していた。
  • 風呂に入ったのは1週間後。3月ごろまでは週に1度か2度ぐらいしか入れなかった。
    利用可能だったお風呂は自衛隊の風呂と銭湯。
    寒かったせいと、若かったせいと、緊張状態にあったせいか、風呂に入らなくてもあまり苦にならなかった。
  • 最初の食糧支援らしきもの(ボランティアによるもの)を入手したのは3日後。有りがたかった。1週間後には相当量の支援が届いた。
    しかし、避難所によっては全然支援が届かなかったところもあったらしい。これは現場の情報が支援する側に十分に届いていなかったことと、道路が寸断されて車両が近づけなかったこと、などが原因だと思われる。
  • スーパーは翌々日からオープンしたが物は少なかった。スーパーで買い物するために割れたガラスが散らばる道路に並んで、上空をヘリコプターが飛び交っている状況は戦争を想起させた。弾が飛んでこないだけ戦争よりましだと思ったけど同時に、戦争は最悪だと思った。
  • 弁当+お茶を1,000円とか2,000で売りに来る不届きものを、時折見かけた。長田の方ではそういった不逞な輩は袋だだきにあったそうだ。
  • 危機的な状況に置かれると、助け合おうとするのが普通の人間らしい。譲り合いとか助け合いが普段以上によく見られた。
    しかし中にはその状況を利用して悪いことをする連中もいる。長田の方では女性や女の子が襲われたこともあったと聞く。
    危機的な事態だからこそ、助け合いが必要であるし善意を施すことや善意を受けることも必要だけど、中には悪意に満たされた人もいるだろうから、注意が必要だろう。
  • 落ち着いてからは、自転車やバイクが貴重な移動手段となった。というのは、倒壊家屋で道がふさがれているから。
    ただし倒壊家屋を取り壊し移動させる最中などに釘が散らばることがあるらしく、相当な確率でパンクした。
  • 電気の復旧が一番早く、次が水道。ガスは2カ月ほど復旧に時間が掛かった。電気が復旧した頃には、倒壊家屋でのスパークが発生したのか、火災が多く発生した。
  • 倒壊しかけた建物に侵入して貴重品を盗み出す連中もたくさんいたらしい。中にはそのまま余震による倒壊に巻き込まれて死んだ連中もいるとのこと。
  • 被災地での情報源は主に口コミ。それに看板など。一番信頼できてかつ多くの情報を得たのは口コミかな。バイクを入手してからは移動中に手に入れる情報も多かった。インターネットはまだなかった。
  • 仮設住宅は夏はすごく暑くて、冬はすごく寒い。今の仮設住宅はもっといいのかもしれないけど、住むにはすごく大変なところ。

以下には今回の地震を支援する立場ならどう考えるか、などを書いてみる。
  • 被災地には不要不急の用事では行かない。
  • もし行かなければならなくなったら、自己完結できるようなものを持っていく。食糧、水は持っていけないが、トイレット・ペーパーと消毒用アルコール(新型インフルがブームだった時に、会社の入口とかに置いてあったあれ)を持っていくと思う。
    断水している条件で手を洗うには消毒用アルコールが便利。
    トイレだって使えるとは限らない。特に、多くの人を収容している避難所のトイレは、仮に簡易トイレが設置されていても大変な状況になっているはず。神戸の時も大変だったそうだ。トイレット・ペーパー1本ぐらいなら荷物にはならないので、まず持っていくだろう。あとは懐中電灯とラジオ、ネットにつながる携帯電話等々か。
  • 電気の復旧に時間が掛かる場合は、避難所とか病院とかに発電機(ジェネレーター)を設置するのも一手段かも?ジェネレーターは建設機械リース会社が沢山持っている。また今後は避難所や給水施設などにはスタンバイ・ジェネレーターを設置するのも一考かもしれない。日本は停電しない事態になれすぎているから、停電した場合に対する備えが弱い。
  • 水道施設の復旧に時間が掛かるなら、避難所近くに井戸を設置するのも一考か?
  • スマートフォンで情報を得る人が多いらしいので、避難所に臨時アクセスポイントを設置するのも手か?
  • 支援物資を送る、或いはボランティアに出かけるなら、政府や団体の調整窓口を介して行う。無秩序に人や物が来たら現場は混乱する。
  • 多分、何らかの手段を使って募金するだろう。
  • もし現場を指揮する立場や中央から指揮する立場にあれば、1)優先順位を明確に、2)指示は単純明快、3)一度出した指示は容易には変えない、を心がけると思う。これは言うのは簡単だが実行は難しい。責任逃れを念頭にしている人にはまず無理だが、リスクを背負えるリーダーにはできる。

最後に、今の時点でこう言うことははなはだ酷だが”希望を捨てないこと”がとても大切だと思う。
被災地の人たちは間違いなく打ちのめされている筈だが、それと同時に、残酷だが死と破壊との対比から、自分が生きていることを感じていると思う。生きているから希望を持つことができる。希望を持てば、前に進むことができる。

神戸の震災の時は「がんばろや、神戸」という呼びかけがラジオから流れてきた。今回は「がんばろや、日本」だろう。

最後に、これ以上の犠牲が発生しないことと、速やかな復興を祈ります。

Saturday, March 12, 2011

BBC:Huge blast at Japan nuclear power plant


私の知る限り NHK プレミアでは爆発の瞬間の映像がまだ報じられていないが、CNN のニュースや BBC のホームページでは爆発の瞬間の映像が報じられている。
一瞬、白い爆発か何かが見えた後、建屋が灰色の煙に覆われるという映像。
当局の会見では水素爆発という説明だが、なぜ水素爆発が発生したのか、納得できる説明がまだなされていないと思う。
さらに、爆発の瞬間の映像が海外メディアでは公開されているが、NHK プレミアでは見られないのはどういうわけなのか?まぁ、国内では報じられているのかもしれないので、それなら良いのだが。。。
いずれにしても、政府発表のように原子炉格納容器は破壊されていないのなら幸いだが、情報統制まがいのことが行われているなら、問題だと思う。

あと菅首相の記者会見を見たが、サラリーマンの報告を聞いているようで、相変わらずリーダーシップが感じられない。神戸の地震の時の村山首相と同じような、頼りない印象だ。
結論を濁すような修飾や、決意をあいまいにしているような条件など、あまりに慎重に過ぎる記者会見だった。
菅首相はあまり表に出てこないようにして、比較的はっきり物を言う枝野官房長官が表に出るほうがいい。
被災地の人たちは、おどおどしたリーダーの姿など見たくないのだ。

地震とは全く関係ないが、ハノイのレジデンスでは twitter に接続できない。
とにかく、被災地の皆さまの無事を祈ります。

追記:

◇ 福島第一原発のプレスリリースページ
東電のプレスリリースをチェックできる。
2011年3月12日22:31JST時点では、水素爆発と原子炉容器の件については、掲載されていない。

◇ You Tube で見つけた映像。民放で報じられていたらしい。



◇ 日経電子版が無料開放されている。
  そこで読んだ大阪大学住田名誉教授の話として、「放射線で冷却用の水が水素と酸素に分離している」とあった(どうせリンクが切れるだろうから、URLは貼らない)。
  確かに、爆発の映像は何らかの気体が爆発したように見える。
  水素爆発と言うのは本当らしい。
  これ以上大きな被害が出ないことを祈る。

Praying for my friends in Japan.

I'd like to pray for those who suffered the damages from the earthquake and offer my deepest condolences to those who lost life.

Blog Archive

Followers

Recent Comments

Blogs I'm Following

  • 大寿司さんへ - 久々にカミサンと大寿司へ。烏賊の沖漬け。河豚の煮こごり。烏賊と大根の煮物。アイナメとカレイの刺身。つぶ貝の炙り。ホッキ貝。尻屋崎の本マグロ。いいとこカットしてもらいました。車エビ。ヒラズズキ。穴子。最後に、ウニいくら丼。
    1 day ago
  • 銀杏 - ここ数日の寒さで、 近くの公園の銀杏が、すっかり色付きました。 ところで、この銀杏の撮影には、 どんなレンズを使ったかわかりますか ? この透明感・立体感のある描写は、 D850でも出せないかもしれませんね ! E-M1MarkII+ ?
    5 days ago
  • Nexus 5X が起動しなくなり、Sony Xperia XA1 Plus を買ったのだがカメラが残念すぎる。 - Nexus 5Xは、この後リカバリーモードに入れなくなってしまう。 Nexus 5X は手頃なサイズと軽さ、カメラの写りが結構いいので気に入って使っていたのだけれど、製造上の問題があり、正常に起動しなくなることがあるらしい。先日、そのブートループというのが発生してしまい、どう頑張っても起動しなくなってしま...
    5 days ago
  • りょう花で酸辣湯麺(サンラータンメン)復活って聞いてたんで行ってみたけどまだ始まってなかった。 なんちゃら塩ラーメン[高いやつ)食べました。 #りょう花 #ラーメン [Flickr] - GEROPPA posted a photo: [image: りょう花で酸辣湯麺(サンラータンメン)復活って聞いてたんで行ってみたけどまだ始まってなかった。 なんちゃら塩ラーメン[高いやつ)食べました。 #りょう花 #ラーメン] via Instagram ift.tt/2zLNuxB
    1 week ago
  • 印象ではなく、やってきた実績も大事 - 日曜の記事の続き。今回の衆院選では、事前の予想通り、自民・公明が過半数を大幅に上回る議席を獲得した。野党間での表の奪い合いが目立つ選挙だった。●与党3分の2超=立憲が野党第1党―公明、公示前届かず【17衆院選】 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-000000...
    4 weeks ago
  • 2017/09/23 - Instagramに移行しました。 [image: ”Instagram”]
    2 months ago
  • iPhone X が発表された - 2017-09-13 (水) 02:00、Apple のイベントが開催されて、One more thing... として iPhone X が発表された。 iPhone X は 2017-10-27 (金) 予約開始。2017-11-03 (金) に発売開始。ストレージ・サイズは 64 GB と 256 ...
    2 months ago
  • ミツバチ - [image: Bee] ミツバチ - Honey bee これまで撮った写真を見返してみて、 Fujifilm の X-10 が思いのほかよく撮れるなと感心したり。 「写真撮りに行くぞー!」という日は Nikon の D300S を持って出るとして、 それ以外の日は、このカメラをカバンに入れておこうかと…...
    2 months ago
  • クラシック音楽とオーディオを楽しむオフ会を開いた - 2017-06-20 (火)、友達を家に招いてクラシック音楽とオーディオを楽しむオフ会を開きました。開催場合はぼくの家です。当初はクラシック音楽好き 2 人の予定だったのですが、急な用事が入って 1 人参加できませんでした。来てもらった友達は古楽好きということで、クラシック音楽をじっくり聴きながら、出前の...
    5 months ago
  • Sakura, Cherry Blossom, in Kamakura, 鎌倉の桜 - Yoshinori_4401 posted a photo: [image: Sakura, Cherry Blossom, in Kamakura, 鎌倉の桜] Leica D Summilux 25mm + E-5
    6 months ago
  • Fake News Network - [image: Sakura, Cherry Blossom, in Kamakura, 鎌倉の桜] 日本のマスゴミが偏向報道ばかりしているのは、もう随分前から気付いていたけど、欧米のマスコミも偏向報道ばかりしているのと確信したのは、2016年のアメリカ大統領選挙の時だったと思う。 当時、僕はベトナムで地方都...
    6 months ago
  • チンタラ人生の始まりです。 - 24日に退院することになったが、以前と同じ暮らしは望むべくもない。 だから、もうこんな風景を撮ることは無いだろう。 Archive 東千歳 旧双子の木 だからといって悲観している訳ではない。 生き方を変える良いチャンスでもあるのだから。(どれほど生きられるかは分からないが) 慌て者でセッカチなおっさんがこれ...
    8 months ago
  • 超絶ヨーデル - これを観てから、超絶ヨーデルが脳内でリフレイン中。BGM用1時間バージョンや10時間バージョンも既に作られてるんだよね。 公開されたのは1月25日。既にビデオ再生は350万回を越え、感動コメントも5500個を越え増加中。 「なんでこれ聴くのやめられねーんだ」 「これ作ってくれてありがとう!もう着メロ、メッセー...
    9 months ago
  • 1年後にokanomail.comを終了します - okanomail.comのドメインを取得して運営してきたこのブログですが、来年春のドメイン更新を気にドメインの維持を終了することにしました。2003年から使っていたドメインなので、ちょうど15年になります。 もともとメール用に取得したドメインなのですが、今や個人のコミュニケーションの中心はメールではなくメッセ...
    9 months ago
  • Simon & Garfunkel - The Sound of Silence(サウンド・オブ・サイレンス)歌詞和訳&解釈 - Disturbed's cover In the post-truth era, this 50+-yr-old song resonates more than ever. ボブ・ディランに憧れ、似ないようにがんばって書いたら超えてしまった歌。出た当初はみんなてっきり冗談ソングだと思って、「こんにちはダ...
    11 months ago
  • 選べない - 生きる上で選択できることってたぶんあまり多くない。
    1 year ago
  • Blogger テンプレートでラムダ式が使用可能に - [image: Lambda] (cc) Sigfrid Lundberg *新しいテンプレート表現「ラムダ式」* 昨年(2015年)5・6 月に、Blogger テンプレートに新しい表現方法が相次いで登場したのを覚えているでしょうか。 - Blogger テンプレートのウィジェットタグに新しい表現...
    1 year ago
  • Blogger テンプレートでラムダ式が使用可能に - [image: Lambda] (cc) Sigfrid Lundberg *新しいテンプレート表現「ラムダ式」* 昨年(2015年)5・6 月に、Blogger テンプレートに新しい表現方法が相次いで登場したのを覚えているでしょうか。 - Blogger テンプレートのウィジェットタグに新しい表現...
    1 year ago
  • イスラエルの砂漠でもできる農業 - [image: 山_IGP7187] ノマド国家イスラエル第二弾 ハイテク農業が強い訳 (NOMAD PROJECT) イスラエルの砂漠でもできる農業を日本に持ってくるか、、。水や土をうまく使って日本の50倍以上効率よく農業をやるって、面白いなあ。 [image: にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ]
    1 year ago
  • 光 2 -
    2 years ago
  • Esala Perahera in Kandy - [image: Esala Perahera 2014 in Kandy, Sri Lanka スリランカ、キャンディ、ペラハラ祭り] 去年の8月にキャンディで見たペラヘラ祭りだよ。 ゾウに色んな衣装を着せて、電飾で飾り立てて行列をするお祭りだよ。 8月のキャンディはこのお祭りのせいで人がいっぱいだよ。 [i...
    2 years ago
  • 先物オプ・トレードのメモ (JST:11/05/2014夜間) - *3/18/2014から実践中の投資スタイルのメモ* *マーケット&トレード概要* メインのSSを放棄。その返済に伴う損失を補填するためブル・クレジットをメインに組成し、基本は放置。サブ1として短期の先物売買。第二の黒田バズーカに誘われてダボハゼ的に個人が参入してきそう。相場が昨年のGW前のように押し上げ...
    3 years ago
  • Feelings , swaying . - 風もないのに まだ 揺れているのは なぜ 取るに足らない 理由で 揺れている たぶん 時間の経過 季節の深まり
    3 years ago
  • Bingについて - インターネットエクスプローラのメイン画面にBingという検索ソフトが表示されていますね。ところがいつの間にか、これが一番上のタブにまで表示するようになったのですよ。何かのダウンロードのついでに送り込ま...
    3 years ago
  • 春風 - 5月4日 風がここち良い5月の とんもり谷戸 にて
    3 years ago
  • メタボと診断されたらどうする?肥満予備軍からの脱出 - *現在、中年男性のメタボリックシンドロームとその予備軍は2000万人とも言われています。* *メタボは高血圧、高血糖につながり、これらが重なると糖尿病や動脈硬化などの疾患につながり、命をも危険にさらすリスクを伴う状態です。* 国では特定健診制度として40歳以上の健康保険加入者を対象に、糖尿病等の生活...
    3 years ago
  • 自宅にインテリジェントスイッチを置いてみる。 - 先日Cisco 1812Jを中古で買ったばかりですが、メインで使っているVLANセグメントのポート数が足りなくなってしまったため、新たにアライドテレシスのインテリジェントスイッチCentreCOM GS908Mと、CiscoのCatalyst2940-8TT-Sを中古で導入してみました。 段々自宅が「どこの...
    3 years ago
  • 2013年 今年も宜しく! - あぁ・・・年が明けてもう2月半ば。 のっけからですが・・ 私、昨年12月から体調が良くないのですよ。 ブログも頻繁に書きたい気持ちはあったけど、 パソコンを見る余裕もなく・・。子育てと家のことでイッパイでした。 なので書きたい事は山積みなのですが、自分のペースでゆっくり 書いていきますので気...
    4 years ago
  • 写真覚書1 - 西脇順三郎は彼の詩論「超現実主義詩論」の冒頭で以下のように語る。 「詩を論ずるは神様を論ずるに等しく危険である」 何故危険なのかはともかくとして「詩」を「写真」と置き換えても支障はないように私には思える。 西脇はこの詩論で詩を論ずることの不可能性を示唆している。写真とは何かという問いも同様なのではなかろうか。...
    5 years ago
  • 元日は旧ブログ(サンノゼ田舎暮らし)の閉鎖で気分は心機一転 - [image: DSC04174](新ブログより) サンノゼは穏やかな元日の朝を迎えた。この時期は雨季のはずなのに、ここのところ晴天き続きで夏の水不足が今から心配になってきた。これは異常気象だ、雨雲が無いのはおかしい、これでは庭の植木が枯れてしまうなどと、季節はずれの青空を仰ぎみながら、きっと世界の終わりが近いの...
    5 years ago
  • 地震 - おひさしぶりです。 余震が続きますね。とりあえず元気です。 うちは神奈川で震度5弱でしたが、地盤が緩いのでかなり揺れてこわかったです。 熱帯魚水槽の水がずいぶんこぼれていました。 いつ停電するかわからないので風呂に入れないけど被災地のことを思えばなんでもありません。 母は東京から帰れなくなったけど連絡はつきま...
    6 years ago
  • 快晴の朝に - おはようございます 昨夜から東京は暖かくなって今朝は快晴です 少し生暖かくなった空気の中街を歩くと何やら気分まで春めいてきますね これから世界はどんどん良くなって行くんだというような 予報では明日はまたぐっと気温が下がるそうです 三寒四温ですな 変化という事について考える 先日アジアンオープンという競技ダンスの...
    6 years ago
  • ペンギン - ちょうちょ、ちょうちょ。
    7 years ago
  • Stupid Check system to Japanese Science programs - In May, The Japanese government, now occupied by the Democratic Party of Japan, decided to check efficiency and effectiveness of the national scientific pr...
    7 years ago
  • This blog has moved - This blog is now located at http://handa2.blogspot.com/. You will be automatically redirected in 30 seconds, or you may click here. For feed subscribers, p...
    7 years ago
  • ◎ノ◎ 夏向きのパン:芝麻醤紅糖焼餅 - [image: ◎ノ◎] 近所に旨いパン屋がないものか、と 引っ越してきて以来探してみたけど、ないです。 ここいらの人は、どこでパンを買うのだろう? コンビニで売ってる食パンをグリルで焼くと すぐに炭のように表面だけ焦げちゃうし... ほんなら、とせっせこ焼いてたんですけど>先月は涼しかったもんね。 さすが...
    9 years ago
  • 製造中止のKONICA MINOLTAで困ったちゃんになったもののe-bayに救われるの巻:D - 買ったのはe-bay.US でも上海から届いたyo! デジカメはプリント代がかからなくっていいわ~っと バカスカ撮ってたら、PCのメモリーがパンパンになってしまった。 ...というのは私だけではないと思う。 こんなケースはあるかしらん? 2004年に買った、私の大事なDimage...
    9 years ago

Yoshinori_K's Blogs